愛と物欲の日々をだらだらと書きつづるところ


by trailmen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

衆院選関連 - 050823

衆院選関連 - 050822から


<衆院選>郵政反対派の前職に自発的離党促す 武部幹事長

「良識を持って党を離れて立候補していただきたい」と述べ、自発的に離党するよう改めて促した。

 反対派前職が離党せずに立候補した場合については「いずれ党紀委員会の処分対象になると思う」と指摘する一方、処分の時期は「選挙後になると思う」と語った。

 この辺の保険のかけ方が小ずるい感じですな。ぎりぎりの数値だったら復党させようという考えがちらちらします。


年金改革争点に押し出す 民主、首相の郵政に対抗
 共同ソース的には悪くないプランですか。
投票の際に重視する課題は「郵政民営化」が「景気対策」「財政再建」を抑えて「年金や医療など社会保障政策」に次ぐ第2位となり、争点を一本化する小泉純一郎首相や自民党の戦略が現時点で奏功している。



<衆院選>公示まであと1週間 選挙後の展開を予測

◇自公過半数なら、参院で反対派つぶし
◇自公過半数割れなら、無所属や新党がキャスチングボート
◇民主躍進なら、郵政反対派と連携も

 それぞれの項目の文字数から見ると、毎日的には「自民党の勝利」と踏んでいるようです。まあこの状況で「民主過半数」なんて言い出すとバカみたいに見えますからね。


反小泉派議員「拒む必要ない」 民主・小沢氏、連携示唆

 民主党の郵政改革案については、「(郵便貯金の預け入れ)限度額を引き下げて縮小していくこと自体はいいことだが、最終の姿を問われた時に明快な答えをできないことが、国民の支持を得られないところだ」と指摘。私案として「郵便事業は国が責任を持つ。郵貯・簡保は縮小しながら民営化か廃止」との考えを示した。

 選挙中に自党を批判するなよ‥つーかおまえ負ける気満々だろ。


自民分裂 戸惑う足元 支援、自主判断…割れる県連
 第二県連まだ~?


綿貫氏、比例で新党日本支援  

「東京、名古屋、大阪を中心にした大都市は向こうを優先し、私どもは多少遠慮することを考えている。(新党勢力が)分裂しては力が弱くなる」と述べ、都市部の比例代表ブロックでは独自候補擁立を見送り新党日本を支援する考えを表明した

 しょせん同じようなものだし。


田中氏、次々パフォーマンス
 世間の扱いがすでに芸能人候補以外の何者でもありませんね。


「地方の現場から変える」 新党代表の田中知事が会見
 まず「地方優先の都市型」てのがどういう意味なのか説明してくれ。


優先課題は社会保障87% 衆院選候補者アンケート
 社会保障への有権者の関心はダントツだとのことなので、当然の対応でしょう。郵政が7位なのは世論調査で2番目に関心があるのが郵政になっている事を考えるとちと後手気味。ただ自民系だといやでも郵政の話は出るから、「私は郵政以外のことも考えてます」というもっていき方になるか。


離党すれば将来復党も 自民党武部幹事長

 自発的な離党で「けじめ」をつければ、選挙後の復党もあり得るとの認識を示した発言だ。党本部で開かれた農林水産関係団体の会合で語った。
 同時に「党籍を持ったまま立候補すると党紀委員会にかかり、除名とかその他の処分の対象になる。立候補を取りやめるか離党すれば、党のルール上けじめをつけることができる」と述べた。
 衆院採決で反対した自民党前議員37人のうち、無所属で出馬する見通しなのは26人。

 こういう物言いをされると白けますな。もっとも、前に書いた「過半数の保険」よりも、「県連の御輿つぶし」の方が主目的なんじゃないかという気がしてきました。


「予想だにしない暴風雨が吹き荒れている。現段階では“逆境ファイブ”だ」とした上で、「ひるまずに、6人、7人と増えることを願っている」と、引き続き政党要件に必要な残る1人以上の参加を呼び掛けていく考えを示した。

 代表は国会議員ではないのでカウントに入らない。“逆境フォー+ワン”が正しい。
 小泉純一郎首相の手法を「自民党を壊すと言いながら党に残り、森派に従う者が党に残る。小泉さんが唾棄(だき)する竹下経世会ですらこんな純化主義はなかった」と批判した。

 「自民党を壊した」事に関して疑問の余地はない。全く首尾一貫していると思うが。


自民党公募体験談(爆)~その1
 わざわざ公募に応募した人のブログ。なかなかおもろい。


長谷川参院議員が無所属に 新党日本入り検討か

 21日設立された新党日本(代表・田中康夫長野県知事)所属の前、現議員が、公選法上の政党要件の5人に1人足りないことから、長谷川氏としては同党に移籍することも念頭にあるとみられる。
 長谷川氏が加われば、新党日本の公認候補は、衆院選で小選挙区と比例代表の重複立候補が可能になるが、短期間での政党間移動は「理念のない数合わせ」との批判も招きそうだ
 国民新党の前、現議員は長谷川氏を含めて5人だったが、自民党を離党した津島恭一前衆院議員の入党が23日に決まったため、引き続き5人を確保できる。

 おめでとう“逆境ファイブ×ツー+ワン”。まあがんばってや。


「また脅しか」と反発 復党のアメ、戸惑いも
 ゆらいでるゆらいでる。


注文通り!? ミカン箱から~福岡10区・女性「刺客」が“第一声”
 言う方も言う方だが、やる方もやる方だ‥まあこっちを応援した方が面白そうではあるな。
[PR]
by trailmen | 2005-08-23 01:24 | 時事