愛と物欲の日々をだらだらと書きつづるところ


by trailmen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

町田女子高生殺害事件

凶器の包丁や鍵発見 高1女子刺殺事件

 調べでは、包丁などが見つかったのは優亜さんの自宅団地から北西に約1・4キロ離れた山林。放置された廃車の下にポリ袋に入れて捨てられていた。袋にはいずれも血の付いた軍手1組や血の付いた白いワイシャツ、靴下なども入っていた。

 過去の証言と一致しないと思うが。ま、別にかまわんけどな。
 コメント先のサイトはもろに顔が出てるね‥半島人ではないかという示唆はさすがにどうかと思うが。

| 2005-11-22 0:30 |



優亜さんのバッグ盗んだ 高1少女殺害で少年話す

 衝動的犯行とみられていたが、優亜さん宅の家の鍵を事前に手に入れようとした計画的犯行の可能性も浮上し、捜査本部はさらに詳しく経緯や動機を調べる。

 当初考えられたとおり、犯人がバッグを盗んだで問題ない模様。警察が「盗難は無関係」と判断した理由は結局なんだったんだろうか。


<町田女子高生殺人>「口論になり殺害」少年が供述始める
 口論って、包丁持った不法侵入者を温かく迎え入れるようだったら頭が変だろう。口論以前の問題でしかない。

| 2005-11-18 12:10 |




<町田女子高生殺人>少年、靴下脱ぎ襲う 足の指紋が一致

殺害後、優亜さん方のトイレを使用した形跡もある。警視庁町田署捜査本部は、事件前後の行動についても、少年から詳しく事情を聴いている。

 捜査本部の調べでは、殺害現場の床にあった紙に、血の付いた裸足の足跡があった。逮捕前の事情聴取で少年は、事件当時の行動を「覚えていない」と繰り返したが、現場の足の指紋が少年のものと一致し、逮捕への決め手になった

 何というか、知性のかけらも感じられない行動だ。犯罪を行ったのだという認識すらないのかも知れない。


友人に「親しい」と明かす 高1女子刺殺事件

 これまでの調べでは、少年は優亜さんと幼なじみだったが、中学3年の受験時期まで話したことがなかった。しかし少年は中学時代、所属していた地域の野球チームの友人に、優亜さんと親しく交友しているかのような話をしていたという。

 すべては彼の頭の中でだけ起きていたことだったわけだ。もしかすると、今、夢を見ている最中のつもりなのかも知れない。


 また、2日に学校内で盗まれた優亜さんのバッグが13日午後、団地近くの小学校敷地内で発見されたが、捜査本部では財布がなくなっていることから金目当てに盗まれたとみており、刺殺事件とは無関係とみている。ただ、財布に入っていたとみられる優亜さんの自宅の鍵は発見されていない。

 やっぱり学校は荒れてるんじゃない?

| 2005-11-15 12:40 |



傷は頭や首に集中 高1女子刺殺

 調べでは、優亜さんは10日夕、約50カ所を切られて死亡した。ほとんどが頭や首などの傷で、のどの付近を切られた2カ所の傷が致命傷となった。
 優亜さんは約30分間にわたって居間の中を逃げ回ったとみられ、手や背中にも傷があった。

 30分生きていたのだから、逃げ出すチャンスも絶無ではなかったのではないか‥
 「適切な逃げ出し方」を知っていれば、今でも生きていたのではないか‥


<町田女子高生殺人>「無視」と思い込み 具体的動機を供述

 少年は捜査本部の調べに、「今年1月ごろ、(高校)受験の時、廊下で会った時に自分の名を呼び『試験がんばれ』と声を初めてかけてくれた。合唱コンクールの時も『頑張ろう』と声をかけてもらい、少し気になる女の子だなと思った。事件当日、一人で(学校から)帰宅する際、(最近の)出来事を思いふけり、高校に入ってから無視されていると思うようになった。『おれ自身、悪いことはしていないのに』と思い、憎たらしくなってきた」と供述している。

 ‥接点これだけかい。2回しか口をきいたことのない相手を恨んで殺す?どちらにせよ下の記事の『声を掛けないで』と整合しないように見える。
 また、事件8日前に校内で盗まれた優亜さんのバッグが13日午後、優亜さんの自宅近くの閉鎖されている小学校の敷地内で見つかった。捜索中の捜査員が発見したが、鍵や財布はなかった。捜査本部は、盗みと少年との関与は薄いとみている。

 じゃあ事件後の施錠はどうやって行われたのだろうか‥
 実はこの話、もう少し根が深いのかな?


16歳少年「声掛けないでと言われた」

 少年はこれまで「高校に入って冷たくなったのでやった」と供述していたが、新たに「古山さんに『声を掛けないで』と言われ、腹が立った」「古山さんにばかにされたと思った」「古山さんがほかの女の子と話しているのを見ると、自分の悪口を言われているんじゃないかと思った」と話し始めた。

 幼なじみだとか好意だとかは本当は全く関係なかったんじゃないか?単に殺しやすいところにいたから殺しただけなのではないか?


遺体の傷、顔や頭部に集中…町田の高1女子殺害

 さらに、今のところ男子生徒から反省の言葉が出ていないことなどから、特捜本部では、「まだ捜査員に心を開いていない可能性がある」として、心を解きほぐす作業を続けながら捜査を進める。

 「少年の心の闇」なんて寝言はもううんざりだ。こいつらの中には闇なんて無い。単に何も無いだけだ。


<町田女子高生殺人>少年が優亜さん宅前でじっと立つ姿目撃

 捜査本部は、少年がかなり前から優亜さんの日常を確認していた可能性があるとみている。ただ、こうした計画性をうかがわせる行動の一方で、制服のまま凶器を持たずに侵入するなど衝動的とみられる点もあり、殺意を抱いた時期について捜査を進めている。



「包丁、袋に隠し捨てた」 事件後に冷静さ取り戻す?
| 2005-11-14 12:10 |



 この件に関してはすでにあまりの薄っぺらさにうんざりしている。犯人はやはり被害者とは何の関係もないと言っていい状態だったようだ。ストーカー殺人の一例と見なして問題あるまい。犯人は現在「平然としている」と「動揺している」の両方の情報が流れているが、どちらでもたいした違いはない。


逮捕の男子生徒、親しかった形跡なし 町田の高1殺害
被害者に一方的好意?無断侵入…高1殺害容疑の16歳
高1殺害容疑の16歳、深夜に自転車・団地で大声も
<町田女子高生殺人>逮捕の少年、30分も包丁で追う


『ごく普通明るかった』
女子高生殺人容疑の少年逮捕


 優亜さんが通っていた町田市内の都立高校校長は、保護者会後に会見。今月二日に優亜さんのバッグが高校の中庭で盗まれた際、警察に被害届を出さなかったことについて「学校の落ち度かもしれない」と述べた。

 事件との関連は不明だが、バッグには優亜さん宅のカギ、生徒手帳、財布などが入っていた。校長は「校内で探せば見つかることが多いので、解決できるという思いがあった」と弁明した。

 ここは引っかかった。実はこの学校、荒れていたんじゃないのか?あれこれ問題が起きているのを押し隠していたのではないか?


少年が一方的好意か 東京の高1女子刺殺

 調べでは、少年が持っていた携帯には優亜さん宅にあった携帯の番号登録はなく、発着信記録もなかった。優亜さんの携帯にも少年の携帯と発着信した形跡がなかった
 少年は今年6月下旬から7月上旬ごろ、団地内のベンチに友達2人と一緒に座っていた優亜さんの周りを、自転車で何度も回っていたという。



 ところで、30分間生きていたのだから、その間に通報があれば助かった可能性がある。この種の「犯罪の看過」に関しては周辺の人間にも何らかの罰を検討してもよいのではないか?

| 2005-11-13 16:34 |
[PR]
by trailmen | 2005-11-22 00:30 | 時事