愛と物欲の日々をだらだらと書きつづるところ


by trailmen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2005年 05月 ( 88 )   > この月の画像一覧

性犯罪者の「治療」を研究 文科省、刑務所とも協力

 文部科学省は5月31日、少年刑務所や保護観察所とも協力し、性犯罪者の再犯防止に医学的な治療がどの程度有効かについての研究に乗り出すことを明らかにした。

ホルモン療法という大変人道的な方法がありましたな。体型変わるぐらい投与すれば、性格等も変わりますよ。
 切っちまえという論はどうせ通らないので没です。
[PR]
by trailmen | 2005-05-31 21:05 | 時事

中国関連メモ - 050531


「日中間の緊張が世界のIT産業に影響」ガートナー予測

米ガートナー社はこのほど、日中間の政治的緊張の高まりが世界のIT産業に与える影響についての予測をまとめて発表した。今後想定される3つのシナリオを示し、それぞれのシナリオでの他の国々への影響を解説している。
(1)「緊張の高まり」
(2)「不安定な状態の継続」
(3)「平常状態の回復」

 アメリカには驚異の的中率を誇る予言者がいるそうです。彼の(彼女かもしれませんが)やり方は実にシンプルで、各地の予言者による来年の出来事に関する予言を列記して最後に「これらの予言は実現しない」と書くだけです。それはもうよくあたるそうですよ、ええ。
 というわけで、わたしも「これらのシナリオは実現しない」と書くことにします。


「A級戦犯は罪人ではない」発言に市民が釘付け

一般市民からは、「歴史の事実を認めるべきだ」「納得できない」などという声が上がった。

その場にいた中国人観光客がテレビに釘づけになった。

 年配の女性は、「日本人が悪いわけでも、中国人が悪いわけでもないが、歴史の事実は認めるべきだ」などとコメント。一方で、日中間の歴史問題について、「忘れるべきことは忘れるべき。私たちに必要なのは、未来に向かって前進することだ」との声も聞かれた。

  また、若い女性の間では、「戦争は嫌い。平和が一番。(日本と)仲良くしたい」などという意見もあがっていた。

 前半と後半の論調が一致しないのがちょっと妙な感じですね。旅行に出かけられるくらいリッチな人々は、日本とのけんつくで生活が脅かされるのを好もしく思っていないようです。
[PR]
by trailmen | 2005-05-31 12:22 | 時事
 同通信によると、高句麗時代(紀元前1世紀後半~668年)に「クァンフィ」と呼ばれ、7世紀ごろの唐との合戦で威力を発揮した。高麗時代(918~1392年)には「ファジョン」の名前で知られ、大量生産されて「国防上、主要な場所に配置されていた」としている。

 正直この手のネタはもう笑いをとれないと思うのですが。ていうか、
 「×××は我が国で発明された」
は世界の共産ギャグの定番だしねえ。
[PR]
by trailmen | 2005-05-31 12:08 | 時事

中国関連メモ - 050530

中国副首相帰国関連メモ - 050527からの続きと言えば続き。
 前にも書いたけど、現在の中国最大の懸案は米国との経済紛争で、それに比べれば靖国なんか些事も些事。語るに値しない程度のことに過ぎない。
中国が6カ月以内により柔軟な為替相場制度に移行しない場合、米国は何をするかとの問いに、スノー財務長官は米上院銀行委員会に対し、「中国はわれわれの(主張に)留意しており、彼らは移行しなければならない」と証言した。

 これなんか、率直に言って脅迫ですよ?そんな状況下での中国の一連の行動はやっぱりわけがわからないとしか言いようがない。
高まる元切り上げ圧力、対応迫られる中国
なども参照のこと。


胡主席が会談中止を決定 香港誌、副首相の要求で

 中国指導部は、日本側の一連の動きは呉副首相訪日に合わせた「入念な策略」と判断。こうした中で会談すれば「反日感情を強める中国国民に釈明できない」として「外交的な非常手段」に踏み切ったという。

 踏み切ったあげくに自分ばかり火だるまになるというのはねえ?


 一方、ガス田関連だが、最近の状況は
<東シナ海ガス田>条件付きで共同開発 30日、日中協議
を参照するとして、東京新聞の
『春暁』再開 エネルギーがぶ飲み中国 経済加速で“ガス欠”
 この分析がなかなか面白い。特に
 「メジャーが撤退したのは政治的圧力なんかじゃなくて、本当に採算がとれないからなんだが、中国はそれでも掘る」
というあたりが。
[PR]
by trailmen | 2005-05-30 12:38 | 時事

新作ガメラ

6年ぶり復活、ガメラの友情物語

監督は「ガメラという映画スターが、今までの名声を脇に置いて、あえて新しい役どころに挑戦する映画。住み慣れた怪獣映画というジャンルを超えるべき時が来た」と気合十分。

 平成ガメラとは一線を画した作品にしますよ、と。なんだかマッハ文朱匂いがぷんぷんするんですが、大丈夫なんでしょうかね‥
[PR]
by trailmen | 2005-05-30 12:07 | オタ
イラク邦人拘束メモ - 050528より続き。
斎藤氏に平安のあらんことを。


ハートのサイトより。全文。エキサイト翻訳使用。

ATTACK ON HART CONVOY- Al Hit, Iraq - Update 16.00 Hrs 28 May 2005
ハートCONVOYアルHit、イラクへの攻撃--16.00時間のアップデート2005年5月28日

FREQUENTLY ASKED QUESTIONS
FAQ


Is there any news regarding the fate of Akihiko Saito, the international team member involved in an ambush by insurgents which took place at Al Hit on Sunday 8th May?
5月8日に、Akihiko斉藤、賊徒による日曜日にアルHitで行われた待ち伏せにかかわる国際的なチームメンバーの運命に関する何かニュースがありますか?

At the time of the incident, an eyewitness report indicated that wounds sustained by Akihiko Saito during the attack may have proved fatal.
事件時点で、目撃者の話は、攻撃の間にAkihiko斉藤によって被られた傷が致命傷になったかもしれないのを示しました。
However, we have never given up hope that Akihiko Saito was alive.
しかしながら、私たちはAkihiko斉藤が生きていたという望みを一度も、あきらめたことがありません。
We can now confirm that the video posted yesterday by an Arabic language website shows the body of a man which appears to be Akihiko Saito.
私たちは、現在、昨日アラビアの言語ウェブサイトによって掲示されたビデオが、どれがAkihiko斉藤であるように見えるかを男性のボディーに示すと確認することができます。
The website admits that he was killed by the people who carried out the attack.
ウェブサイトは、彼が攻撃を実行した人々によって殺されたのを認めます。


We can neither confirm the time or location of where the video footage was taken.
私たちはどちらもビデオフィルムが取られたところに関する時間か位置を確認することができません。


At this difficult time, our thoughts are with Mr Saito's family.
この困難な時には、私たちの考えが斉藤さんの家族と共にいます。


Do you have any news regarding the team members that remain unaccounted for?
あなたには、残っているチームメンバーを見なすのが非説明した何かニュースがありますか?

A number of bodies have been recovered from the scene.
場面を多くのボディーから取り戻しました。
Sadly, due to the nature of the attack, the identification of the victims may take some time.
悲しげに、攻撃の本質のため、犠牲者の識別はある程度時間がかかるかもしれません。
It is therefore unlikely that any further information will be available for a considerable period of time.
したがって、どんな詳細もかなりの長期間に渡って利用可能になるのは、ありそうもないです。

This is an extremely difficult time for all involved, most especially for the families and friends of the victims and they ask that you respect their privacy.
これはすべてのためのかかわった非常に難しい時間、特に犠牲者の家族と友人のための大部分です、そして、彼らはあなたが彼らのプライバシーを尊敬するように頼みます。


Please continue to monitor this site for further updates.
さらなるアップデートのためにこのサイトをモニターし続けてください。



 毎日。
<邦人拘束>スンナ軍が新たな声明 事件の詳細明かす

「日本人」は4人の外国人を含む計16人が死亡した銃撃戦後、生き残り、アラビア語で「アシール、アシール(捕虜、捕虜)」と叫び、いったん降伏した様子を示した。

 ただ、この時点では死亡しておらず、直後に米軍が包囲を始めたため、スンナ軍は男性を「安全な場所」へ連れて行き、置き去りにした。その際、パスポートや身分証明書類を抜き取った。

 米軍が現場からすべての遺体を収容し引き揚げた後、スンナ軍は男性のいる場所に戻ったが、既に「出血多量」のため死んでいた、という。

 さらに声明でスンナ軍は、「友人のふりをしてイラクにとどまる日本部隊がどうなるかの例を、世界中に示すため、彼をぜひとも生かしたかった」とし、死亡で当初の目的を果たせなかったことを明かした。

 出血多量だった、動かなかったなどの過去の証言と一致しないし、斎藤氏は連中が捕虜をとらない事は百も承知だったはずなので、もう一つ信憑性が低い。


 東京新聞。
斎藤さん『死亡』 『映像見て兄と確認』

 誤った返答をしたことについて、博信さんはコメントの中で「映像が残酷だったため、(次)兄や父に見せたくなかった。私が見たことを知れば、自分たちも見たいと言うだろうと思った」と説明した。

 外務省や斎藤さんが所属する英国系警備会社が映像の男性を「斎藤さんにほぼ間違いない」と確認したことを受けて、博信さんは同日夜にも文書で「この結果でひとまず安否の確認がとれたのだと思っている」とコメント。



斎藤さん『死亡』映像
政府『本人と判断』 最終確認は出来ず


 外務省幹部は斎藤さんだと判断した根拠として、弟博信さんが確認したほか(1)英国系警備会社が「斎藤さんにほぼ間違いない」と連絡してきた(2)警察庁がパスポートの写真と映像の男性を照合した結果、ほぼ同一人物との結果が出た-ことを挙げた。

 またAP通信は同日、イラク移行政府の国家治安相報道官が「(武装勢力を名乗るグループが流した)ウェブサイトとは別に、日本人の殺害を確認するわれわれ自身の情報源が(複数)ある」と述べたと伝えた。

 しかしその後、移行政府のクッバ首相報道官は、本紙に「イラク側が現時点で把握している情報はインターネットに基づくもの(だけ)だ」と強調。イラク当局者の説明に食い違いがみられる。



<イラク邦人拘束>斎藤さんとほぼ断定 外務省幹部

 これに関連して、町村信孝外相は28日夜、東京都福生市で講演し、「私もひどい画面を見た。ご家族がその画面を見て、ほぼ間違いないだろうという話をいただいた。ただ、ほぼということで断定はできかねる」と述べ、確認作業を急ぐ考えを強調した


 毎日。斎藤博信氏コメント詳細。
イラク日本人拘束:「斎藤さん死亡」声明 弟・博信さん、苦しい心情のぞかせ


イラク邦人拘束:「斎藤さん死亡」政府手詰まり無力感も

政府は武装勢力と依然接触できず、「無法地帯」の現場周辺では米軍でさえ状況を把握することが困難な情勢。事件発覚から19日、「イラク戦争の民間業務委託」という問題を浮き彫りにした上、政府の対応は終始手詰まり気味で無力感が漂った



 産経。スンナ発表へのコメント
斎藤さん、最後まで抵抗か スンナ軍が新たな声明

 新たな声明によると、この戦闘で生き残った斎藤さんとみられる男性は、アラビア語で「アシール(捕虜)」と繰り返して投降の姿勢を見せて、武装勢力の油断を誘い、持っていたカービン銃で近づいた相手に発砲。しかし弾は外れ、武装勢力側から銃撃を浴びた。

 声明はこの時点では死んでいなかったとしているが、一緒に逃げようとした同僚は、斎藤さんが銃撃で倒れ「多量の出血で助からないと思った」と証言している。



仏でも報道「イラクに行くとは」

 外国人部隊の本部のクリスチャン・ラスクル広報部長は「彼は将校にあと一歩だった。家庭を作りたいと言って除隊したが、イラクに派遣されるような警備会社に勤めることが分かっていたら、引き留めた」と残念がっている。



 山陰中央新聞。この記事が大手に掲載されていないのはなぜだろう。
陸自と警備員を同一視 「対米協力」の日本標的

 声明は斎藤さんについて「アルアサド(米軍)基地で治安責任者として働き、米国人の一団は彼の命令に従っている」と指摘。民間人なのに武装し、米軍基地への物資輸送の警備業務を担当していた斎藤さんが、米軍主導の「多国籍軍」の一角を占め、スンナ軍が「占領軍」とみなす陸自の隊員と変わらない存在として映っていた可能性を示唆した。



スンナ軍声明全文


ヒートの病院に遺体搬送なし イラク


日本とイラク政府、斎藤さんを死亡と確認

イスラム系ウエブサイトに掲載された映像では、斎藤さんのものと思われる旅券や身分証明書のほか、仰向けに倒れている男性の様子が映っていた。また「これは罰だ、異教徒め」と怒鳴る声や銃声が聞こえた。さらにビデオの解説が「アンサール・アルスンナ」が斎藤さんを射殺したと説明している。

[PR]
by trailmen | 2005-05-29 14:32 | 時事

超高輝度LEDへの道

<発光ダイオード>微小な穴で発光量が4~5倍に

 京都大の野田進教授らは、ガリウムなどでできた厚さ250ナノメートル(ナノは10億分の1)の光半導体の表面に390~480ナノメートル間隔で直径250ナノメートル前後の微小な穴を開けた。すると、内部での発光がなくなり、外部への発光量が穴を開けない場合の4~5倍になった。

 とりあえずさっさと売れ。もしも言葉通りのスペックが可能なら、今売っている5WLEDはなんと25W相当に‥どきどき。
[PR]
by trailmen | 2005-05-28 13:51 | 電子小物

次世代DVD関連- 050528

次世代光ディスク規格、消費者の立場から統一を=JEITA会長
とロイターソースにはでていますが、
「次世代光ディスク、統一望ましいが、消費者容認なら2規格並立も」--JEITA新会長
実はもう少し後ろがありましたよと。印象操作っておそろしいですね。


ソニー・西谷氏に聞く「次世代DVD統一交渉の顛末とこれから」

 そもそも、今回の統一交渉は東芝・藤井氏がソニー取締役 執行役 副社長兼COO(当時)・久夛良木健氏に、2月に統一の話を持ちかけたところから始まっている。

 これを見て、実はまとまりそうだったんだけど、久夛良木降格に伴い話はチャラになりました。という説を思いつきましたが、いかがでしょう。


JVA、2005年度の役員人事と事業計画を発表
-角川会長「次世代DVDは2本立てでも良いのでは」

 こちらは併存容認のようです。「マニアは2本買うからえーんじゃ!」という暗黒思想なのでしょうか?
[PR]
by trailmen | 2005-05-28 13:45 | 電子小物
イラク邦人拘束メモ - 050522
 残念ながら現時点ではわかることがあまりない。
 スンナのサイトは人が来すぎてとんでいるし、ハートのサイトは更新されていない。


<邦人拘束>映像、「斎藤さんによく似ている」が確認できず

分析の結果「斎藤さんによく似ている」(同省幹部)ものの、身元確認はできないことから、今後、斎藤さんが所属する「ハート・セキュリティー社」に映像の分析を依頼するとともに、斎藤さんの家族に連絡を取り、希望があれば映像を提供する。

 なぜ今公開するのかに疑問が感じられるところです。


邦人拘束:身分証明書類アップの映像、斎藤さん強調

 映像は、男性の全身を映した上で足元から顔へ向けて移動する。両腕を左右に投げ出した体の頭部周辺には出血した跡がくっきりと映し出され、顔面も血で汚れているが、頭部以外に目立った出血は見られない。治療を受けた痕跡は見られないが、体を刃物などで損傷させた形跡もなかった



邦人拘束:武装組織、突然の映像公表 その真意は?

 財団法人・日本エネルギーセンター経済研究所の研究主幹の保坂修司氏は「スンナ軍はこれまで、最初の襲撃声明からこれほど日にちを空けたことはない」と指摘。「今回の映像は見せしめ的色彩が濃く、従来の手法なら数日後に具体的な声明をサイトに流すだろう」と推測している。

 27日には元日本兵がフィリピンで生存しているとの情報が流れ、世界各国のメディアが取り上げた。こうした報道に接したスンナ軍が日本に国際メディアの注目が集まっていると判断、映像に再び利用価値を見いだし、ウェブ上に流した可能性もある。

 エキサイトにも来た。


「銃撃で負傷し死亡」
斎藤さんか、映像公開
日本政府、確認に全力 


映像では男性は「激しい戦闘の中、何発もの銃弾を受け、そのけががもとで死亡した」としている。

 パスポート写真が掲載されています。少なくともそれを手に入れられる手段があったということになります。


「確認できず」と警備会社 斎藤さん映像で

「ハート・セキュリティー」の担当者は28日、共同通信の電話取材に対し、サイトの映像について「知っている」としたが「現段階で(斎藤さんかどうかなどは)確認できない」と述べた。
 同担当者は、斎藤さんについて「新たな情報はない」とし、情報があれば同社のウェブサイトで発表するとしている。


<邦人拘束>映像の斎藤さん確認できず 政府は情報収集続行

 外務省幹部によると、ウェブサイトは斎藤さんを拘束したとするイラクのイスラム武装勢力「アンサール・スンナ軍」広報部門名で出された。緊急対策本部が映像の確認を依頼した医師は「自発呼吸はしていないようだ」と話しているという。

 とすれば、そもそも最初から‥


「映像見ていない」と弟 斎藤さん死亡声明で

 博信さんは「あまりいい情報ではないが、正式な確認が取れるまで待つ。右往左往することなく、今は待つだけ」と疲れた表情で、ひと言ひと言慎重に言葉を選びながら話した。



http://www.infovlad.net/terror_videos/Default_0.wmv
 こちらが公開されたビデオの模様。上述の通り人がいすぎて確認ができない。


<邦人拘束>「覚悟はできていた」 斎藤さんの弟

 現場に行くかどうかについて、「今は残念ながら、どの場所に兄の体があるのか分からない。これまでも外務省や日本政府にご尽力いただいたけれども、最後の家族の希望として、どんな形でも兄の体が見つかったときには、迎えに行ってあげたい。映像の確認は依頼されていないが、必要ならば確認したい」と話した。

 ‥‥‥


「確認ととらえた」と弟 斎藤さん死亡声明で

 博信さんによると、外務省から「ほぼ間違いない」との連絡があったのは午前10時20分ごろ。会見に向かう車内だった。午前6時半ごろには「分析中」という内容の連絡があったという。車内で居合わせた千葉市職員は「動揺しているようだった」と気遣った。



「ほぼ間違いない」を否定 外務省幹部

 幹部は「外務省としては映像に映っている遺体が斎藤さんだと確認するすべはないし、ましてや(ほぼ間違いないと)弟さんに伝えるはずもない」と強調。行き違いについては「会話の中のやりとりで思い込まれたのかもしれない」と述べた。

 真相、未だ定かならず‥


 ビデオを確認。時刻表示から見て、斎藤氏は拉致の13時間後に死亡していたのではないか‥


日本政府、確認に全力 イラクで「死亡」斎藤さん

 襲撃現場の西部ヒート周辺は、武装組織の牙城。地元住民らによると、警察は武装勢力の攻撃を受け機能していない。例えイラク人でも、地元の人以外は現地入りをためらう地域で、武装勢力の許可がなければ遺体を埋葬することもできないという。

[PR]
by trailmen | 2005-05-28 12:31 | 時事
中国副首相帰国関連メモ - 050526の続き。
 この件も正直飽きてきたのでさっさと沈静化してほしい。


「いちゃもんだ」と反発 教科書批判に森前首相

 森氏は、戦後の日本について「平和大国として世界のためにこんなに協力し、貢献してきた」と力説。教科書の内容に関し「そこまで日本の国を自ら悪く言う必要ないじゃないかとなり、少しは教科書が正しくなってきただけの話だ。軍国主義に走るような、美化するような国じゃない」と強調した。

 学辱元総理に正論を吐かれてもね‥


歴史認識問題:「中韓が外交上のカードに」と町村外相

。(歴史認識問題が)カードだから彼らはそう簡単に離さない」と述べた。中韓両国が日本の歴史認識問題を外交上のカードとしているとの認識を示し、暗に不快感を示したものだ。

 思ったことをそのままべらべらやる人間は外相には向かないなあ。


会談中止に懸念表明 ヒル米国務次官補

 次官補は「中国で日本の歴史問題に対する姿勢への不満が定期的に爆発している」と指摘。教科書問題、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権や東シナ海のガス田開発の問題、台湾問題、日本が目指す国連安全保障理事会常任理事国入りに対する中国の反対、中国での反日デモなどを列挙し、こうした紛争は「平和的な話し合いで解決されるべきだ」と述べ、双方に自制を求めた。



<王大使>「反省を実際の行動に」と中国側の見解を表明

 これに対し、シンポジウムに同席したアーミテージ前米国務副長官は「日本人は歴史に向き合い、戦後60年間、世界の人々にとって模範的な市民だった」と日本を擁護。「北東アジアでナショナリズムが強まっている。政治的に厳しい状況になったときにナショナリズムを活用するきらいがある」と述べ、中国国内の「反日」ナショナリズムを間接的に批判した

 とまあ、チェック入れられまくりですな。瀬戸際外交扱いまで後一歩‥
[PR]
by trailmen | 2005-05-27 02:06 | 時事